AWARD 2010 アワード 2010
トップページ 受賞作品インデックス 受賞作品発表 受賞作品
受賞作品発表『佳作』

VISION

物袋 卓也(神戸芸術工科大学 デザイン学部 プロダクトデザイン学科)
[共同制作者]山本 哲也
プロダクトデザイン
VISION
VISION
制作意図
コンセプト「思い出の一瞬を切り撮る。」
指で撮りたい範囲を囲むとその形に切り取られ写真として残すことができるカメラのアドバンスデザイン提案。従来のカメラは結果を楽しむことがメインになっていましたが、本提案では撮影する状況、撮り方といったところに焦点をあて撮影をする過程も楽しむことができるカメラとユーザーとのこれからの関係を提案しました。
担当教官推薦コメント
作品そのものの美しさだけでなく、実動モデルを作成し提案のインターフェースを具現化した点で、説得力を有した作品である。作者はリサーチを通し、未来において『機械と人間との関係性は曖昧なものになっていく』というコンセプトを導き出した。その回答として、本作品では機械的操作ではなく、ジェスチャーによって操作する新たなインターフェースを有したカメラを提案した。スタイリングにおいても、装着した際に本体がユーザーへフェードインしたような印象を与えるために、素材選択、グラフィック、造形など細部においてこだわり抜いた入魂の力作である。本学学科賞を受賞した優秀作品である。(見明 愓
(実動モデルの作成においては、神戸大学大学院 山本哲也氏に多くの協力をいただいた)
審査員選評
自分自身から見える空間を指で囲むことでカメラのシャッターを切るという斬新なアイディアは、機械的な撮影という行為を、より身近で自然な動きへと近づけてくれます。優れたコンセプト設計にとどまることなく、体感できるプロダクトへと落とし込んだところに、未知なる領域へ踏み出し、変えていこうとする作者の強い意志が感じられます。身体にフィットする滑らかなデザインフォルムは見た目にも革新的で美しく、豊かな創造性を示してくれました。操作という点では、まだまだぎこちなさは残るものの将来性が楽しみな作品です。
作者の受賞コメント
物袋 卓也 自分の思いを込めて作った作品が喜ばれることほど嬉しいことはありません。受賞させて頂いたことを大変誇りに思います。デザイナーとしてまだまだスタートラインに立ったばかりですが、世界に通用するモノづくりに携わるデザイナーとして活躍することを目標に日々精進します。最後に実動モデル製作に多大なご協力頂いた山本さんに感謝します。ありがとうございました。
PAGE TOP
コミュニケーションデザイン 空間デザイン/デザイン研究 詳細を見る