事業所沿革

 三菱化学(株)四日市事業所は、1994年10月1日、当時の三菱化成と三菱油化の合併に伴いスタートしました。戦時中の海軍燃料廠に淵源を発しており、長らくの間三菱化成、三菱モンサント化成、三菱油化の3社が立地していました。四日市事業所の操業以来の主な歩みは以下の通りです。
●は当社、○は四日市コンビナートに関する出来事
1948年(昭和23年) 東海硫安工業および東邦化学工業四日市工場発足
1951年(昭和26年) 日本化成四日市工場(後の三菱モンサント化成四日市工場)操業開始
1953年(昭和28年) 三菱化成工業が東邦化学を合併、四日市工場とする
1955年(昭和30年) 旧第二海軍燃料廠施設の昭和石油への払い下げが閣議決定される
1958年(昭和33年) 昭和四日市石油四日市精油所運転開始、第一コンビナート(塩浜)発足
1959年(昭和34年) 三菱油化四日市工場、四日市合成本社工場操業開始
1962年(昭和37年) 三菱油化川尻工場竣工
1963年(昭和38年) 第二コンビナート(午起)発足
1967年(昭和42年) 三菱油化が東海瓦斯化成(旧東海硫安工業)を合併、旭工場とする
1972年(昭和47年) 四日市公害裁判判決、第三コンビナート(霞ヶ浦)発足
日本エタノール四日市工場運転開始
1979年(昭和54年) 油化シェルエポキシ(現ジャパンエポキシレジン)四日市工場発足
1980年(昭和55年) 日本イーシー(現ケッチェンブラックインターナショナル)四日市工場操業開始
1989年(平成元年) 三菱油化大治田工場発足
1992年(平成4年) 国際環境技術移転研究センター(ICETT)完成
三菱化成が三菱化成ポリテック(旧三菱モンサント化成)を合併
1993年(平成5年) 油化電子四日市工場発足
1994年(平成6年) 三菱油化と三菱化成が合併、三菱化学発足
1998年(平成10年) テクノポリマー四日市事業所発足
日本ポリケム四日市工場発足
1999年(平成11年) A&Mスチレン四日市工場発足
2000年(平成12年) ヴイテック四日市工場発足
リサイクルテック中部操業開始
2001年(平成13年) エチレンプラント停止
エムイーピーコム四日市操業開始
2003年(平成15年) ティーエムエアー四日市事業所発足
三菱化学科学技術研究センター(四日市エリア)発足
中部新菱操業開始
2005年(平成17年) 中部エコテクノロジー操業開始
2008年(平成20年) 日本エタノール社を合併
2010年(平成22年) ジャパンエポキシレジン社を合併
2011年(平成23年) PSジャパン四日市工場生産終了
ヴイテック四日市工場生産終了
ケッチェンブラックインターナショナル社解散
四日市合成・合弁事業解消
研究部門統合(開発研設立)

トップページへ